腎不全とは
  

腎不全とは、腎臓の働きが落ちてからだにたまる不要な物質を十分に排泄できない状態をいいます。
透析は腎臓の働きを代行する治療法です。

腎臓の働き
   

腎臓は体液のバランスを一定にするために、尿という形で老廃物(尿毒素)を排泄したり、水分を排泄したりしてます。
その他、ある種のホルモンやビタミンを産生しています。

腎臓は、体の左右にひとつずつ合計2つあり、腰よりやや高い位置で背中側に存在します。いわゆるソラマメの形をしていて 、大きさはこぶし大で(縦10〜11cm、横5〜6cm、厚さ4〜5cm)、重量は120〜150gあります。

尿の中には体内の余った水分だけでなく、血液中の老廃物(尿素窒素、クレアチニンなど)や電解質(ナトリウム、カリウムなど)などが含まれています。
 また、腎臓は副腎のホルモンと連動して血圧を調節しています。その他、赤血球を造るホルモン(エリスロポエチン:EPO)の生成、血液中のカルシウム・リンの調節やビタミンDの活性化による正常な骨の維持などが腎臓の働きです。尿毒症になると、失われた腎臓の働きを透析や薬で補う必要があります。