<論文・学会発表>

熊本大学大学院学位論文

椎間板ヘルニアの自然消退機序に関する実験的研究

SPINE 2004;30(1):55-61
Intervertebral Disc Cells Produce Tumor Necrosis Factor α,Interleukin-1β,and Monocyte Chemoattractant Protein-1 Immediately After Herniation: An ExperimentalStudy Using a NewHernia Model

第74回 熊本整形外科医会   2009年12月

腰椎変性後弯症に対する後方矯正固定術の経験
−PSO(Pedicle Subtraction Osteotomy)とTLIFを併用して−

日本側湾症学会     2010年10月

Pedicle Subtraction OsteotomyとCorrectiveTLIFを併用し後方矯正固定術を施行した腰椎変性後弯症の1例

Journal of Orthopaedic Research 2002;(20):1298-1304
Expression of monocyte chemoattractant protein-1 in primary cultures of rabbit intervertebral disc cells

西日本脊椎外科研究会    2009年12月

テクミロンテープによる固定椎間短縮の試み
−骨粗鬆性椎体偽関節に対するHA Vertebroplasty & One Above One Below PLFの短期成績−

第76回 熊本整形外科医会 2010年12月

当院における脊椎内視鏡手術の現況(第2報)

西日本脊椎外科研究会     2011年6月

80歳以上の高齢者に対する内視鏡下椎弓切除術