<腰椎の内視鏡手術A>

手術後
手術前

もともとはヘルニアを摘出する為に開発された器械ですが、最近では脊柱管狭窄症の手術(椎弓切除術)にも応用できるようになっています。
神経を押し潰している余計な骨や靱帯を削り、狭窄した脊柱管を拡げると、潰れていた神経はまた膨らんできます。

←
←
↓
↓

全身麻酔での手術になりますが、基本的には午前中に手術を終えますので、夕方にはベッドを起こして食事もできます。翌朝にはトイレまで歩いて貰います。1週後の検査で問題がなければ退院を許可しますので、1〜2週間の入院となります。
傷が小さい分痛みが軽く、早くからリハビリが出来ます。筋肉への影響も極わずかで、スポーツや活動的な生活を望まれる方でも大丈夫です。また出血も極少量ですから、高齢や合併症で我慢されていた方でも、体への負担が比較的軽く手術ができます。